BLOG:駅前工務店ダイアリー

ウォークインクローゼットの窓

 

建売住宅の寝室収納の施工例です

ご夫婦の寝室に1人ずつウォークインクローゼットがあるなんて理想です(^^♪

 

たくさん服を掛けられるので服を畳む手間が減りそうです

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

右のウォークインクローゼットには窓があります

左のウォークインクローゼットには窓はありません

 

左は電気を付けています

右は電気を付けていません

 

 

↓ 左の電気を付けないとこんな感じです

↓ 右は電気を付けていません


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クローゼットは日差しが入ってしまうと服が日焼けします

方角にもよりますが外の光が入ると、とてもあかるいので

クローゼットに窓を付けることも多いです

その代り窓を付けると窓の前には棚を付けにくいです

 

どのように使うか次第で棚の形を決めていきますが

今回のウォークインクローゼット内の

窓のサイズは約 幅35㎝×高さ1ⅿ10㎝です

 

私の勝手な想像では

たくさん服を持っている奥様が左のウォークインクローゼットを使って

右側は自動的にご主人様が使用。

 

 

 

 

あと、光の色の話です。

 

真っ白な洗面ボウルのような陶器、

水栓、タオル掛けなどの金物系は昼白色(昼間の太陽の下にいるときの光の色)は

清潔感があり金物がより一層つやぴかに見えます(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥行き感や落ち着いた雰囲気を出したいときは電球色(夕方のオレンジ色の光の色)

の照明器具を使うと空間のオシャレ度が何割か増します(ー_ー)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期は光が昼白色だとより寒さを感じさせてくれるような気がしますが

クローゼットのように洋服の本来の色を見る為には

昼白色か温白色をおススメすることが多いです。

一番上の写真の左側は温白色のダウンライトをつけています。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。