施工実例:詳細

子どものぜん息を機に自然素材での家づくりを意識し始めました。

jitsu_15_img1

下の子どものぜん息を機に自然素材での家づくりを意識し始めたKさんは友人の紹介で オーダーハウスと出会い、見学会に参加。「もみの木を使っている家は空気がすっきり している印象で、肌触りも気持ち良かったので、自分たちも使いたいって思いました」
jitsu_15_img2
完成見学会でのアイデアを参考に「リビングで子供に本を読んであげたい」とキッチンカウンターの下に本棚をつくった。溝にそって仕切りの位置を変えられる優れものだ。
jitsu_15_img3
曲線が優しげな表情を見せる玄関もお気に入り。
大きなシューズクロークには靴や荷物をたっぷり収納できる。
「家の随所に収納をつくってもらったおかげで物がすっきりと片付きます」
jitsu_15_img4
2階には夫の書斎も。あえて天井を低くした隠れ家風。
机や本棚も造り付けられている
jitsu_15_img5
出かける前の支度で混雑する洗面所は広々と。
ガラス天板なのでお手入れも楽
jitsu_15_img6
「収納に見えない収納を」との要望に斬新な収納方式のペーパーホルダーが完成
jitsu_15_img9
通信物を掲示するための壁の一部をコルクボードにした。
息子からの手紙も貼ってある
jitsu_15_img7
キッチンのすぐそばにパソコンデスクを造り付け。
いずれは子どもの宿題スペースとしても使う予定。
A4サイズの書類を立てても横にしてもしまえるサイズの収納がうれしい
jitsu_15_img8
テレビボードや洗面台といった数々の造作と、家事動線への配慮が行き届いた間取りが魅力の家。
「家づくりは大変だと聞いていましたが、悩みながらも楽しめました」とKさん
jitsu_15_img10
床の間のクロスの色を変えたり、アールの下がり壁にしたりと、デザインに凝った
jitsu_15_img11
共働きのKさんにとって「家事がしやすい動線」は最優先課題。
「洗濯物は雨に濡れないようにしたい」と要望したら、勝手口のところにひさしと目隠しをつけた物干しスペースを提案してくれたんです。
洗濯場からの動線も一直線で便利ですし、風通しもいいので助かっています。
スタッフの方が同年代で、同じ目線に立ってプランを考えてくれたのがうれしかったです」