省令準耐火構造

「省令準耐火構造」とは…
メリット1:通常の木造構造に比べ、火災に強い構造です
省令準耐火構造のポイントは次の3点です。
構造 内容 効果
①防火構造 外装部分(屋根、外壁、軒裏)に不燃材料を使用する 隣家などから火をもらわない
②内部被覆構造 構造部分(柱、梁など)を不燃面材で覆う 構造を守り建物の倒壊を防ぐ
③ファイヤーストップ構造 壁内部と天井内部の間を遮断する 火を回さない
■木造軸組工法を用いた住宅等の省令準耐火構造の仕様(概要)
木造軸組工法を用いた住宅等の省令準耐火構造の仕様(概要)
■延焼を防ぐファイアーストップ構造
延焼を防ぐファイアーストップ構造
メリット2:火災保険料が安くなります (約半額)
通常の木造建物は「H構造」に分類されますが、省令準耐火仕様にすることで「T構造」の分類になります。火災保険には建物構造区分が3種類あり、区分によって保険料が変わります。
構造区分 火災保険料比※ 主な建物構造 備考
M構造(マンション構造) 約20 コンクリート造、レンガ造 など 共同住宅のみ
T構造(耐火構造) 40~50 コンクリート造、レンガ造、耐火建築物、
準耐火建築物、省令準耐火建物 など
H構造(非耐火構造) 100 木造、土蔵造 など
※火災保険料比は、H構造の保険料を100とした場合の目安です。
実際の保険料は、都道府県・保険会社・各種特約などの設定条件で変わります。